ハッピーメールのライバル出合い系サイト〜ワクワクメール

  • 2016.01.01 Friday
  • 00:18
ハッピーメールのライバル出合い系サイト〜ワクワクメール


女性誌多数掲載!
普通の子に会える

ワクワクメール(ポイント制)は開設13年、会員数530万人の国内最大級の出合い系サイトです。
 今、一日の登録者数はなんと1600人以上で、年間で約60万人近くが入会してます。
 
続きを読む >>

女の子は無料待遇なので、自然と女性会員が多くなっています。

  • 2015.01.18 Sunday
  • 14:05

有料制出合い系サイトでは、女の子は無料待遇なので、自然と女性会員が多くなっています。これって、男性側にすれば理想の環境ですよ
ね。
でも、そうは言っても、お金のことは大問題ですよね。そこで、トビッキリ低額低料金を取り上げてご評価させて頂きました。ここは、業
界最低レベルの料金とクオリティーの高さが両立しています。
そこは 定額制の <ラブサーチ> です。
ラブサーチは、実は、当ページで取り上げている 出合いサイトでは、ココが一番だと思います。使いやすさ、出逢いやすさ、それでいて、
料金は業界最低レベルで、文句なしの三ツ星評価です。
初めて出会いサイトにご入会ご希望の方も、それから、これまで、他の定額 出会い系サイト で満足できなかった方へも、ゼッタイオスス
メです。
私の知る限りでは業界で一番の低料金です。そして、価格を遥かに超えるクオリティー。出
会いまでの、時間と労力を考えれば、ある意味、無料よりも安いと思います。
 最近、無料の出合いよりも、料金を支払っても安心して使える出会い系サイトにしたいという人が増えています。その理由はなんといっ
ても、現在出会い系サイトで、悪質な事件が多く、信用できる有料サイトを使いたいという気持ちがあるのだと思います。
 サクラの有無も気になりますが、ラブサーチは、定額なので、「サクラメールで余計な出費をさせる。」意味がありません
なので初心者でも安心して利用できるお勧めサイトで、さほどテクニックがなくても真剣な想いさえ伝えることが出来れば相手と出会うこ
とが可能です。
もう一つここの魅力的な珍しい点はコミュニティーがある点です。会員が自発的に行うお見合いパーティー(オフ会)があるんです。。
なので、出会える確率は一段と高くなることは間違いありません。
あと、女の子にも言いたいですが、ラブサーチは女の子から「彼氏ができました♪」という報告を一番良く受けます。
それに、サクラがいないことが知れ渡っているせいか、相手からサクラに間違われて傷つくことが、ほとんどないです。
男性会員は多いのでいろいろなタイプを探すことが可能ですが、携帯にメールを届く設定にすると結構な数のメールがとどきます。
PCで閲覧やメールをして気に入った人にはラブアドレスかアドレスを交換するのがいいと思います。
待ちでも、アプローチしても結果がついてくるサイトです。アプローチなら検索機能を駆使して好みのタイプをしぼるのがいいと思います
。待ちならプロフの更新をすると男性からメールがくるので気に入った人の返信するといいでしょう。ちなみに更新後は結構な数のメール
がくるので、携帯に転送する機能は使わないようにしたほうがいいです。
楽しみながらゆっくり活動したい人には出会い系チャットもありますよ。。
 

携帯専用の出合い系サイト〜イクヨクルヨ(194964) は三ツ星と最高評価させて頂きました。
会員数が,ついに、500万人突破です。
永い実績のある有名ポイント制出合いコミュニティーで、女性雑誌などへの広告に力を入れているようですが、500万人にまで急成長し
た理由は、何より、入会者の、口コミによる宣伝効果が大きいと思います。実際、内容が良いんです。
それに、会員が多ければ多いほど素早く理想の相手が見つけられます。この点が最高評価の一番の理由です。
機能面では、携帯専用のせいか、メールボックスが無いのが、ちょっぴり不満ですが、メールアドレスや電話番号送信が自由なのが嬉しい
です。
それに、今なら65Pもの無料ポイント(メールなら13回分)が付いてるんですよっ<FONT color="#ff3366">♪</FONT>
お試しする価値が十分の出合いサイトだと思います

「ピュアアイ」は結婚を目標とした出合いサイトです。そのため、独身者限定になっています。
小倉優子ちゃんの「ピュアアイ」が新しくなりました。
ユーコリンは、私が高校の時からあこがれていたんですけど、今度、大人っぽくなっていてビックリ!!ますます好きになりました。 彼と
も無事に婚約が決まってよかったですね。
ピュアアイは女の子に嬉しい 出合いサイトなんですよ。
まず、料金は、女の子は無料だけど、男性は、ナント、メール送信一回に500円もかかっています。.....ということは、お相手は
、ほんとうに真剣な男性ということですよね。。。
それにお見合いパーティーが、年に100回</span>以上も開催されるんです。やっぱし、実際に逢う方
が安心だし、何より、超早いですよね。
ただ、やはり料金が当ページとしては、やや高めなので、星二つの評価にしました。

 <出会いネット>は独身者のみの deaisite。料金は一ヶ月3150円で結婚相手も探せる出合いサイトとして破格の低料金です。しかも
、複数月で契約すると割引料金になります。 メールの返信率も推定40%で超高確率と言えると思います。

ポイント制の出会い系サイト事象

  • 2014.12.21 Sunday
  • 18:04
斉藤加奈「ここが変です。日本の出合い系サイト事象」です。
ポイント制の出会い系サイトを取り上げます。
実は、ポイント制は最も一般的なんです。業者が多く、内容もバラエティーに富んでいます。みなさんからのお便りメールも、ここでの体験談が一番多いんです。
代表的な失敗談はサクラ関連が多いです。
ポイント制は前回取り上げた無料と違い、出会い天使からのメールが、よく届きます。
理由は、もちろん、無料に比べてライバルが少ないためですが、サクラの存在も理由の一つです。
サクラの被害は三種類あります。
「せっかく、うまいことメール交換が続いてたのに突然、返事が来なくなった。」
この場合は、相手は多分、素人の女の子です。ポイント制では、頑張ってメールをたくさん書いた女性会員には、ご褒美として、プレゼントとか、少額ながらお小遣いをあげるシステムがある所もあるんです。
「会う約束してたのに彼女の体の具合が悪くなってしまった。」
こういう場合は、おそらく、相手はSITEの内部の人です。男性会員に、ポイントを消費させるのが目的です。
「実際に会えたのに、一日でフラれちゃった。」
これも、内部の人間の仕業だと思います。男性が、どんなにイケメンでも、どんだけ誠意をつくしても、結末は同じだと思います。
ポイント制では、優良の出会い系サイトにも、運営維持のため、多少のサクラは存在するので、成功するためには、サクラ、をなるべく早く見抜くことも大切なんですね。
>>>サクラの知識
ポイント制は、最も一般的なのでSITEの数が多くてバラエティーに富んでいますので、選び方が重要になってぎます。
大切な点は二つです。
悪質サイト を避けること、それと、自分に合うSITEを選ぶことです。
悪質な出会い系サイトを見分けるには、候補が見つかったら、インターネットで、そこを検索してみるんです。そして、そこを評価している記事を読めばいいと思います。補足すれば、料金システムが明確じゃない所は避けるべきてす。
それから、料金が後払いのもパスしましょう。悪質の危険性が高いし、そうではないにしても、ついつい熱くなって、使い過ぎてしまう危険性があるからです。
その点、女性の方々は心配いりません。世の中の、ほとんどのポイント制では、女の子は無料だからです。会員の女性比率をあげるためなんです。
 

出合い系サイトを止めない婚約者の彼氏と別れたい。

  • 2014.11.19 Wednesday
  • 21:06
出合い系サイトを止めない婚約者の彼氏と別れたい。

「出会い系サイトを止めない彼と今年度中くらいに結婚入籍を控えているのですが、その彼とお別れをしても大丈夫でしょうか?
突然こういう考えになってしまったのも、彼が出会い系サイトをやっていたからです。
私はだいぶ前に、某コミュニティサイトに登録をしましたが、正直なところ、会社の先輩からの紹介だったため閲覧のためだけの登録で何も書いたり交流もしていませんでした・・。
以前に、彼のmixiでの怪しい?メールを発覚したときがあり「お互いそういうコミュニティはやめよう」と退会しました。
某コミュニティサイト自体を批判しているのではなく、私も知っている中での普通のお友達としての交流はいいのですが、隠れて女の子と 口に出せないようなメールをしていたんです。
(これから会うの?みたいな内容のものや、私には頻繁にメールなんてしないのに、夜中にリアルタイムでメール返信していたり。)
最近見つけてしまったのは、もっと内容が・・・もう言えないです。
彼が出会い系サイトをやめるきっかけとかはあるんでしょうか?」

  
であいけい子です。
私も、同じ経験が有ります。
前に付き合っていた人が、であいけいサイトのメールをよくしていました。
あれは癖です。治りません。
普段は優しい、私の事が一番好き。 それは絶対そうでした。それだけは本当に。
でも、それとこれとは別で、ゲーム感覚というか、遊びなんでしょうけど。
何度ケンカしても、泣いて止めても、その時はごめんって言って、しばらくしたらまたやっていました。
特に私とケンカした後。 暇つぶしでもあるでしょうし、話し相手がほしいというのもあると思います。
寂しいのかもしれません。

とにかくどんなに彼女のことを好きな人でも、そういう人は治りません。
私はどんどん彼への信用がなくなり、不安で、一緒にいる意味が分からなくなりました。
結婚も考えていたし、5年付き合っていたので情もあり、本当にであいけいサイトのメールが嫌で別れましたが その度に「やっぱりそれでも好き。信じたい。」ってよりを戻してきました。
だけど、最後の別れの時には散々裏切られた後だったので気持ちも完全に切れ、 別れた後の人生が楽しみ!という気持ちで別れを切り出しました。
その後やっぱり少し引きずったりもしましたが、今は本当に良い彼に出会えて幸せです。
そういう人はメールだけ、コミュニティサイトだけなんて事はありません。1人の人間がしていることです。
そういう弱さはいざという時に他の場面でも絶対でます。
結婚なんてしてしまったら大変です。
今のうちに別れて幸せに向かって進んでほしいです。
頑張ってください。

 

変です。日本と中国との出会い三ッ星の縁

  • 2013.07.14 Sunday
  • 20:00

 ここが変です、日本の出会い三ッ星
日本と中国との出会い三ッ星の縁は、理不尽な領域まで悪化してしまった。
The encounter edge in Japan and China has got worse to an unreasonable domain.

(英語訳)
民主党の国家戦略担当相は首相と東京都知事の会談について、
「首相は国として尖閣諸島を所有しないで、東京都に渡したら大変なことになると判断した」
When the prime minister handed Tokyo, he judged that it would be serious, without owning the Senkaku Islands as a country. (英語訳)
と述べ、首相の尖閣諸島国有化の最終決断は、都知事の対中強硬姿勢が 理由だったとの姿勢を示しました。
またそのような中、台湾の「国家交響楽団」が予定する中国公演で、同楽団の3人の日本人団員だけが中国当局から受け入れを拒まれていることが明らかになりました。
首相としては、中国との出会い三ッ星の関係を悪化させないために「国」が購入するという選択肢をとったわけですが、結果として中国の怒りを買ってしまったというわけです。
It is not told well at the China side, but it is said that anger of China has been incurred as a result. (英語訳)
都知事は,そもそも「警視庁」しか持っていない東京都知事の立場で首相に対して何を言っているのか、ということです。
どうやって「戦争」をするつもりなのか、私には滑稽にすら思えます。
I can think [ how he "wars" and ] that I am humorous. [ plan ] (英語訳)
むしろ中国の軍部のほうが、尖閣諸島用の軍備を進め、「本当に」戦争との出会いも辞さない状態です。
今年は日中国交正常化40周年でしたが、日中関係はそれどころではないレベルにまで冷え込んでしまいました。
台湾の「国家交響楽団」の日本人だけが入国を拒否されたというのは、異常事態だと思います。
そのような「理不尽な領域」まで日中出会い三ッ星の縁が悪化してしまったということだと思います。
I think that I hear that the mituboshi class encounter edge has got worse to such "an unreasonable domain" in the daytime.

元代表の、無罪との出会い決定的か

  • 2012.03.24 Saturday
  • 22:24
 東京地裁 石川調書全面却下 小沢元代表無罪との出合い決定的か
<世紀の謀略裁判は大逆転へ>
これで小沢無罪は決定的ではないか。この日、行われた小沢被告の第14回公判。注目は石川知裕、池田光智・両元秘書の捜査段階での供述調書が証拠採用されるかどうかだったが、大善文男裁判長は却下の決定を下した。政治資金収支報告書の虚偽記載に小沢本人が関わったのかどうか。小沢の共謀を示す直接の証拠は、元秘書の「小沢に報告し・了承を得た」という捜査段階での調書しかなかった。これが却下されたことで、4月下旬と見込まれる判決は無罪に向けて大きく前進することになる。
 もともとイチャモン出合い系のような政治資金収支報告書をめぐる裁判だが、国民から選ばれた検察審査会が元秘書だけでなく、親分・小沢の共謀を認定、強制起訴の判断を下したのは、捜査段階で元秘書らが小沢への「報告・了承」を認めていたからだ。その後、元秘書らの裁判などで、この調書作成には検事による威圧的な取り調べや、調書のでっち上げがあったことが判明。元秘書らの公判では主な供述調書が却下された。
 それだけに、今回の決定も当然といえば当然の流れなのだが、謀略に満ちた小沢裁判だけに何が起こるかわからない。この日の決定は、「今のところまともな判断が下されている」という意味で、価値がある。出会い由美でした。

首相は三ツ星評価の、裸の王様

  • 2012.01.29 Sunday
  • 15:53

 首相は三ツ星評価の、裸の王様
「あちこちで工場サイトから煙が上がっている。生産が始まり、去年に比べて着実に前進している実感が有った」。  
昨日10日、宮城県石巻市の大手水産加工会社と岩手県大船渡市の一部上場企業のセメント(えいご)工場を視察した宰相NODÁ(eigo)は胸を張りました。
両市で訪問した仮設住宅では、「ここより困っている所が在る」と入居者が語ると、「感動した。自分達だけでなく、全体の事を考えている」と同行記者団に“どや顔”で応じました。
「立て付けの悪さから寒さに悩まされる別の仮設住宅の存在」を住民は直訴したにも拘(かかわ)らず、「感動した」とは、いやはや、“一億総中流社会ニッポン”を瓦解させた宰相小泉純一郎も顔負けの“鈍感力”です。
いったい松下製系塾では、なにを学習したのでしょう?視察工場も仮設住宅も、「首相が見て回ったのは被災地の光と影のうち、光の部分だけ」と共同通信が慨嘆したのも宜(むべ)なる哉(かな)。これでは北朝鮮の偉大なる領主様の視察を嗤(わら)えません。
“事勿(なか)れ主義”の取り巻き連中が御膳立てした視察であろうと、その「影の部分」を見抜く洞察力が指導者には求められているのです。でなくては、“裸の王様”と化してしまいます。
視察後のぶら下がりで「内閣系サイト改造」に関して問われると、「今は被災地の事で頭が一杯だ」と宰相NODÁ(eigo)は答えました。嗚呼、同時に複数の事柄を思考し得てこそ国家の指導者なのに。
二百歩譲って「頭が一杯」でも“物は言い様”、「本日の視察を踏まえて、更に国民益の観点から人事を断行する」ってな発言で“煙に巻く”器量が求められます。「少し期待してたが、事務屋に毛が生えた程度の政事屋だったな」と中曽根康弘大勲位が評した彼は、成る程、

逐条解説的な役人DNAなのかも知れません。 だからでしょうか。福島県庁を訪れた8日、18歳未満の医療費無料化を求められると、「大変重要な課題と受け止めた。政府内でしっかり検討したい」と応じてしまうのです。本末転倒です。
彼が好んで用いる「大所高所」の発想に立ったなら、僕のみならずノーベル物理学者の江崎玲於奈氏も同様に提唱する「除染費用に1兆円も投じるなら、その費用を被災者に渡し、新しい土地で生活を始める為の資金として活用させる道を考えよ」。それでこそ、政治家として後世に名を残す決断なのですが官僚との、出会い縁、ラヴラヴ関係が続く間は、太陽を西から出させるより難しいです。


 

八つ場ダム再開〜ここが変です!

  • 2012.01.03 Tuesday
  • 21:57
 この国の謎 なぜ八ツ場ダムは再開したのか 現国交大臣が旧建設省官僚だから〜ここが変です!国民をナメ切って税金を自分のカネと思っているこの国の役人たちのドロボー根性
「八ツ場ダム」の建設工事再開があっけなく決まった。大新聞は「民主党のマニフェスト全滅」とうれしがって騒いでいるが、〜ここが変です!不思議なのは、なぜ、こんなバカバカしい巨大工事が再開されたのかである。
 だいたい今ごろ本体工事なんて言っているが、八ツ場ダムの建設計画は60年も前だ。当時は利水、治水が目的だったが、今や水需要は予想を大きく下回り、治水面でもダム効果の過大評価が指摘されている。とっくに「破綻」しているのだ。
 そこのところを大新聞は突かない。〜ここが変です!国交省はこうした素朴な疑問にマトモに答えないばかりか、“ヤラセ”もお構いなし。2年前の本体工事の凍結後に関東地方整備局がダム建設の是非について公募したパブリックコメントでは、寄せられた約6000件の内容が同じ文言の賛成意見だったこともあった。原発再開のヤラセとソックリだ。そんなインチキな検証作業の結論をもとに「事業継続が妥当」と判断したのが前田武志国交相(74=参院比例)。旧建設省の官僚出身である。古巣の連中とグルになって予算計上、工事再開を強行したのだ。〜ここが変です!
「前田大臣は旧建設省で、河川局計画専門官などをやった技官。本来なら国交官僚の姑息(こそく)な手口を知っているから、“工事再開”の結論ありきで進む有識者会議のメンバーを入れ替えるなど、大胆なこともできたでしょう。それをしなかったのは後輩官僚に丸投げしている証拠。そんな先輩OBを見て、現場が『今が本体工事再開のチャンス』と思って押し切ったのです」(国交省担当記者)
 ここまでして、なぜ役人はムダなダムを造りたがるのか。
「巨大な天下り利権があるからです。07年に国会で明らかになった資料によると、八ツ場ダム工事に関連する公益法人や建設業者に天下った国交官僚は、04年の時点でも200人近くいた。国交省はダム工事を続けることで莫大な事業予算を天下り先の公益法人、企業にバラまくことができるのです」(経済ジャーナリスト)〜ここが変です! 八ツ場ダム問題を取材してきたジャーナリストの横田一氏によれば、本体工事再開で、最終的な事業費は「1兆円に達するとの見方もある」という。一方で財政危機と言いながら、役人は国民を完全にナメ切っている。ダム工事が長引くほど、税金を「自分のカネ」と思っているドロボー根性の役人たちが肥え太るのである。庶民は本当にやってられない。 by einokana

ここが変です!TPP経済連携は日本にとってプラス?

  • 2011.10.31 Monday
  • 21:27

 かくも“お子ちゃま”な認識だから・・・ここが変です!
全国農業協同組合中央会(JA全中)は25日、TPP反対請願を衆参両院議長に提出し、併せて請願紹介議員356人の氏名も公表しました。自民は所属議員の8割以上。公明も6割以上。共産、社民は全議員が紹介議員になる事を承諾。民主も120名に上ります。
が、“護送船団”記者クラブは、枯れ葉剤でヴェトナム戦争に“貢献”し、今や遺伝子組み換え作物開発でシェア9割を超える米国モンサント社と昨年、長期的協力関係を締結した住友化学の米倉弘昌会長率いる日本経団連に配慮してか、TPPを農業問題へと意図的に矮小化しています。
TPP は日本の製造業に深刻な影響を与えます。故に宇沢弘文、金子勝の両氏のみならず、榊原英資、中谷巌、野口悠紀雄、浜矩子の各氏も、参加ありきのTPPバス乗り遅れるな論に懸念を表明しているのです。ここが変です!
行き先も判(わか)らぬバスに乗り込むなんて恰(あたか)も、安くしとくよと言葉巧みな白タク運転手を信じて泥酔した“乙女”が六本木から乗り込む「悲喜劇」です。にも拘らず、首相は17日、「日本は貿易立国だ。アジア太平洋地域は成長のエンジンになるので、高いレベルのTPP経済連携は日本にとってプラスだ」と内閣記者会インタヴューで高言しました。
呵々。日本の最大輸出先国は中国。その中国のみならず韓国、台湾にも参加を求めぬアメリカ主導のTPPは、アジアに於ける日本の“孤立化”を画策する「環太平洋戦略的経済“分断”協定」に他なりません。ここが変です!
にも拘らず、外交に於いても性善説が通用すると信じて疑わぬのか、交渉の途中でも離脱は可能と自称“ドラえもん”官房長官も他称“口先番長”政調会長も明言する始末。それって、破談にするかも知れないけど取り敢えずは結納の打ち合わせをしませんか、と持ち掛けて許されると思い込んでるKYな男性と一緒じゃありませんか。ここが変です!
斯くも“お子ちゃま”な認識と覚悟だから、百戦錬磨の北朝鮮にも中国にもアメリカにも見くびられてしまうのです。与党統一会派「国民新党・新党日本」の諫言にも耳を貸さず、アメリカに阿諛追従(あゆついしょう)の日本経団連改め米倉経「米」連と一蓮托生の民主党政権の猪突猛進を阻止せねば、「にっぽん壊国」へと奈落の底です。by einokana

外務省の、お子ちゃま系 外交〜ここが変です!

  • 2011.10.02 Sunday
  • 15:53
einokanaの、ここが変です!
外務省の、お子ちゃま系 外交リポート。
アメリカのオバマ大統領の広島での式典への参加を日本外務省次官によって潰すされていた事実が発覚しました。ここが変です!もちろん、日本の報道サイトではありません。日本のメディアは絶対にお役所の批判は出来ないのが真実です。(当然、この真実も決して報道されませんが。。。)アメリカの有名な情報サイトがあばきました。
東日本大震災は、アメリカとのぎくしゃくした外交を改善させる大きな機会を与えてくれました。まず、震災直後、<トモダチ作戦>という名前で救援活動にかけつけてくれました。
そして、
オバマ大統領は広島での記念式典へ参加させて欲しい。と、言ってきたのでした。外交を改善させる絶好の出合いの場になる筈でした。
アメリカ大統領と広島の出合い。。。オバマ大統領が原子爆弾投下について謝罪し、今度は日本側がアメリカへ行き、真珠湾奇襲を謝罪する。
それまでの、白々しい、ぎくしゃくした、血の通わない外交が一気に改善した筈でした。
勝海舟は、言っていました「外交は誠意」だと。国と国との交渉でも、実際には、人と人との交渉なのです。以前 小沢一郎さんが時々 数名の議員を引き連れて中国に行き、中国の高官と会っていたように、普段からの良好な人間関係があってこそ、イザという時の外交交渉が円滑に進むんです。
ところが、外務省事務次官は
「まだ時期早々。」
という理由をつけて拒否してしまったんです!
またとない絶好の機会だったのに。。。。
外務省官僚のやり方は、全く理解できません。
相手が強気に出てきた時は、情けないほどの弱腰外交なのに、相手が優しく下手に来た時に限って、変に強がってしまう。誰かが言ってた<お子ちゃま系 外交>としか考えられません

PR

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>

link

selected entries

categories

archives

recent comment

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM